08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

仕事人正弘の副業通信 商材レビュー

最高の商材と役立つ情報を紹介します!

広告

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

COBOL技術者向けプログラミングスクール IT-CAREUS 

COBOL技術者向けプログラミングスクール IT-CAREUS

IT-CAREUSポイント



他社にはない、
・COBOL技術者専用のJAVA習得スクール。
・オリジナルカリキュラム及び短期間でのスキル習得。

また法人様に関しては、
・助成金対象のスクールである。
・受講人数により日程のカスタマイズ及び受講料の相談が可能。
個人様に関しては、
・セカンドキャリアバックアップ(相談)のプログラムを用意。

現在JAVA及びCOBOLに関しては、開発言語ではNo1、2の言語である。
両方の言語を習得していれば、開発言語の50%弱を抑える事が出来る。
また今現在、両方を習得している技術者は限られている為、
今が習得するチャンスである。

業界時事として、
・日立製作所は2016年2月16日、COBOLアプリケーションをJavaアプリケーションに
変換するサービスの提供を始める。
 COBOL技術者の減少は避けられないとみて、COBOL資産からの脱却を顧客に促す。
 2020年までに累計10億円のビジネスに育てたい考えだ。
・COBOL資産は金融や製造業に多いと言われている。
 ただし、損害保険ジャパン日本興亜が2015年から数年をかけて、
 COBOL資産の大半をJavaに切り替えたり
(関連記事:損保ジャパンがCOBOL一掃を決断)、
 みずほ銀行が次期勘定系システムの再構築プロジェクトで
 COBOL資産を一部Javaに移したりしている(関連記事(ITPro):
みずほもすなる「超高速開発」)。
 世の中のスピードに合わせてシステムを変えていくにはCOBOLでは難しい。

オススメしたい方



・COBOL言語での開発スキルを持った技術者。
・転職を考えられている技術者。
・現在フリーランスで仕事をされている技術者。
・レガシーシステムから今後JAVA(オープン系)への移行を
考えられているエンドユーザー様。
・COBOL技術者を抱えて、技術転換を考えているSI/システム開発会社様。

おススメの理由



・他社にはない、COBOL技術者専用のJAVA習得スクール。
・現在JAVA及びCOBOLに関しては、開発言語ではNo1、2の言語である。
 両方の言語を習得していれば、解発言語の50%弱を抑える事が出来る。
 また今現在、両方を習得している技術者は限られている為、
今が習得するチャンスである。
・COBOL+JAVAのスキル保有者のニーズは今後非常に高くなってくると
予想される。

公式サイトCOBOL技術者のためのJAVAスクール





スポンサーサイト

Category: 専門学校・スクール

Thread: これいいな〜

Janre: アフィリエイト

Tag: COBOL技術者向け  プログラミングスクール  IT-CAREUS 
tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。